家事 モチベーション あげ方

家事のモチベーションのあげ方

主婦であれば家事を毎日していると思いますが、当たり前のことだと思われ感謝されないので、モチベーションが下がってしまい、やりたくないなと思ってしまう日があるかと思います。

でも他に誰も家事をしてくれないので、自分が家事をするしかありません。 そのためには、やはりモチベーションをあげる必要があります。

ではどうしたらモチベーションがあがるのかを見てみましょう。
1つ目は、自分が好きな音楽を聴きながら家事をすることです。

既に音楽を聴きながら家事をしているという人も結構いるのではないでしょうか。 音楽を聴きながら家事をしていると、楽しく家事をすることが出来、効率よく家事を進めることが出来るのです。 テンポがいい曲であれば、ササッと家事を済ませることが出来ると思いますし、音楽を聴いていると、リズムに合わせて自然に体が動いてくれるのです。 また好きな音楽を聴きながらなので、時間を忘れいつもの掃除よりも丁寧に掃除を行うことが出来るのです。 時間を忘れて家事をすることが出来るというのもメリットだと思います。 なかなか家事をする気にならないとい人は、この曲を聴き始めたら家事をしようと言う風に決めてもいいかもしれません。

2つ目は、手抜きをする日を作ることです。
毎日完璧に家事をこなそうとすると、とても大変ですし、投げ出したくなる日があるかと思います。 ですが、あなたが家事をしないと誰もしてくれないので、ドンドンならなくてはいけないことが溜まってしまうので、毎日完璧にやろうとせず、手抜きをする日を作って家事をすることで、モチベーションをあげずに家事をすることが出来るようになると思いますので、手抜きをしながら家事を行うようにしてみましょう。

3つ目は、クックパッドに頼ってみることです。
毎日料理を作るだけでも大変なのに、毎日献立を考えるのってすごく大変だと感じませんか? 誰かが献立を考えてくれるならまだしも、考えてくれる人なんていませんよね・・・ なので、その大変なことをクックパッドを使って検索することで少しは、簡単に献立を考えることが出来るのではないでしょうか。 どんな料理でも乗っているので、検索してみて自分が作りたい物、作れそうなものを探してみるといいかもしれません。

4つ目は、洗濯をする時に、柔軟剤の香りを変えてみることです。
洗濯も毎日していると大変だと思いますし、面倒に思ってしまうことがあるかと思います。 なので、毎日使っている柔軟剤ではなく、違う柔軟剤を使うことで、少し変わってやる気になるかもしれませんので、試してみるといいでしょう。

5つ目は、ダイエットの一環として家事をやってみることです。
家事には意外と体力を使っているので、ダイエットの一環として家事をすることで、家事も進みダイエットにもなり、一石二鳥だと思います。 ダイエットと思えば、モチベーションも維持することが出来ると思うので、試してみるといいでしょう。

6つ目は、自分にご褒美をあげることです。
日によっては、どうしても家事をしたくないなんて日もあると思いますが、そんな時は、家事を頑張ってやった自分にご褒美を準備して、家事をするといいでしょう。 ご褒美があるとわかれば、頑張って家事をすることが出来ると思います。 「~まで頑張ったら、好きなお菓子を食べる」とかでもいいかと思いますので、ご褒美をあげましょう。 それもモチベーションをあげる方法になるでしょう。

7つ目は、気分転換に遊びに行く、買い物に行くことです。
毎日家事をしているとイヤと感じてしまうのは当たり前のことだと思います。 なので、たまに気分転換をしに、遊びに行ったり、買い物をするようにすると、次の日から頑張ることが出来ると思います。 1人でお出かけするのもいいと思いますが、友達とランチに行ったりするのも楽しめていいかと思います。 頻繁には無理ですが、定期的に気分転換をするといいでしょう。 このようなことをすれば、モチベーションがあがったり、維持することが出来ると思います。 どうしてもモチベーションが上がらず、家事をしたくないなと感じた時は、これらを試してみてはいかがでしょうか。

また人を家に呼んだり、ホームパーティーをする計画をすると、少し強制的ではありますが、モチベーションをあげることが出来ると思います。 家に人が来ると思うと、掃除は絶対にしなくてはいけません。 またホームパーティーの場合であれば、自分がおもてなししないといけないので、いつもより頑張って料理を作ると思いますし、気合いが入ると思います。 それを食べてもらい、「おいしいおいしい」と言って食べてくれる人がいれば、嬉しいですし、自信が付きますから、モチベーションがあがることに繋がり、次の日からも頑張ることが出来ると思います。

その他にも、子供がいる家庭であれば、子供が「美味しい」とニコニコして食べてくれるので、その笑顔を見るために料理を作るのを頑張ることが出来ると思います。 モチベーションをあげて、家事を頑張って行いましょう。